資料詳細

概要

教養としての化学入門 未来の環境・食・エネルギーを考えるために
第2版
Kimberley Waldron著 竹内敬人訳
化学同人
2022/03/30

利用状況

予約はありません

詳細

登録番号 000072862
和洋区分
和書
書名,巻次,叢書名 教養としての化学入門 未来の環境・食・エネルギーを考えるために
版表示 第2版
著者名 Kimberley Waldron著 竹内敬人訳
配架場所コード
1000 開架書架
分類記号1
430 化学
著者記号 WA
出 版 者 化学同人
出版年月日 2022/03/30
ペ ー ジ xii, 234p 挿図, 肖像, 地図
サ イ ズ 26cm
ISBN1 9784759820782
注記 原著第2版の翻訳
件名 化学
内容細目1 化学のおはなし:科学的方法:考える,測定する,また考える
内容細目2 原子:原子とそのなかに潜むもののすべて
内容細目3 原子:万物の基礎
内容細目4 周期表をざっと見てみよう
内容細目5 なぜ中性子は重要か
内容細目6 電子:化学者にとって最も重要な粒子
内容細目1 光と原子との相互作用
内容細目2 すべてのもの:物質を体系づけ,分類するには?
内容細目3 自然界で元素はどのように分布しているか
内容細目4 周期表を旅する
内容細目5 物質を分類する
内容細目6 化合物と化学式
内容細目1 物質が変化するとき
内容細目2 化学結合:物質を束ねる力へのてびき
内容細目3 オクテット則
内容細目4 化学結合入門
内容細目5 イオン結合
内容細目6 共有結合と結合の極性
内容細目1 金属における結合
内容細目2 二つの原子間の結合の種類を決める
内容細目3 炭素:炭素,有機分子とカーボンフットプリント
内容細目4 炭素はなぜ特別なのか
内容細目5 グラファイト,グラフェン,フラーレンと多重結合
内容細目6 有機分子を理解する
内容細目1 代表的な有機官能基
内容細目2 空気:大気中の気体の研究
内容細目3 気体の性質
内容細目4 圧力
内容細目5 気体に影響する変数:モル,温度,体積,圧力
内容細目6 気体の法則:序論
内容細目1 化学反応:化学変化をどう追跡するか
内容細目2 火花! テルミット反応
内容細目3 原子の計算
内容細目4 化学量論
内容細目5 現実の世界での化学反応
内容細目6 水:水はヒトと地球にとって不可欠なのか? ?
内容細目1 水の消費量
内容細目2 液体の水の性質
内容細目3 相の変化:水と氷
内容細目4 相の変化:水と水蒸気
内容細目5 塩と水溶液:塩の性質 : 塩はどのように水と相互作用するか
内容細目6 復習:塩の性質
内容細目1 多原子イオン
内容細目2 イオンの水和
内容細目3 濃度と電気分解
内容細目4 浸透と濃度勾配
内容細目5 pHと酸性雨:酸性雨とわれわれを取り巻く環境
内容細目6 水の自動イオン化
内容細目1 酸,塩基,pH スケール
内容細目2 酸性雨Ⅰ:硫黄による汚染
内容細目3 酸性雨Ⅱ:窒素が元になっている汚染物質
内容細目4 酸性雨の影響
内容細目5 原子力:核化学の基礎
内容細目6 核反応の性質
内容細目1 原子核からのエネルギー
内容細目2 すばらしい半減期
内容細目3 生体と放射能
内容細目4 エネルギー・電力・気候変動:力を発生させ,エネルギーを保存する新しい方法
内容細目5 エネルギーと電力
内容細目6 化石燃料:化石燃料とはなにか,それはどこから得られるか
内容細目1 化石燃料と気候変動
内容細目2 新しい環境基準に対応する
内容細目3 エネルギーを水素分子の中に蓄える
内容細目4 太陽からのエネルギー
内容細目5 持続可能性とリサイクル:資源の活用および再利用と使用するよりよい方法の探求
内容細目6 持続可能性とは何か?
内容細目1 プラスチックとは何か?
内容細目2 ポリマーの物理的性質
内容細目3 リサイクル可能,持続可能なプラスチック
内容細目4 食べ物の化学:私たちが口にする食品の生化学
内容細目5 タンパク質:最も重要な栄養素
内容細目6 タンパク質はどのようにつくられるか
内容細目1 遺伝子工学とGMO
内容細目2 炭水化物
内容細目3 脂肪